医療法人社団幸悠会

鈴木慈光病院

総合支援部のご案内

総合支援部は総合支援科(PSW)、作業療法科(OT)、デイケア科、心理療法科(CP)からなる部です。
受診や治療、入院から地域での生活やリハビリテーションなどの専門スタッフを配属しております。
日頃より、連携連絡を密に行い一貫したお手伝いを目標としたチームとなっております。

総合支援科のご案内

精神保健福祉士(精神科ソーシャルワーカー)は、総合支援科と称して入院や外来、治療、療養に関する相談や疾患のこと、生活のことなどを、ご本人様やご家族様からのご相談に乗らせて頂いております。また、病院と地域をつなぐお手伝いをさせていただいております。何でも知っている相談員ではなく、何でも共に考えていける相談員を目指して活動しております。ご相談内容がわからない、漠然としていてもかまいませんので、お気軽にお声掛け頂ければと思っております。
また、同室には、臨床心理士も在籍し、日々の診療と検査を相談員と連携を図っております。
  • image

    -総合支援室-
    お気軽にお声かけください

  • image

    -総合支援室内-
    お電話での相談にも対応します。

  • image

    -相談室-
    プライバシーの保護にも配慮します

作業療法科のご案内

作業療法(Occupational Therapy 以下OT)は、病気や障害で生活へ支障が出ている方のためのリハビリテーションの1つです。
OTでは、様々な内容のプログラムを個別・小集団・大集団で目的別に行うことで、その人らしい時間を過ごせるよう回復のお手伝いをしております。
具体的には
・リラックスする、楽しいと感じる、一つのことに集中できる時間
・入院生活中の生活リズムを整える、基本的な生活を規則正しく行う習慣
・他者と気持ちを共有できる活動、基礎的な体力を取り戻す活動
と様々な目的で実施しています。
また当院では、病院行事以外にも季節を感じ楽しむためのセラピーレクなども実施しており、男女問わず幅広い年齢の方が参加できるようなプログラムになっております。

  • image

    明るい作業療法室

  • image

    健康体操

  • image

    季節感のあるプログラム

デイケア科のご案内

デイケアは、地域で生活をしながら通院やリハビリテーションを必要としている方にご利用頂いております。月曜日~金曜日まで10時~16時まで活動行っている小規模デイケアです。通院のペース作りや対人交流の練習、就労への足掛かりなど、目標や目的はご利用者様それぞれです。スタッフは、作業療法士、看護師を中心に精神保健福祉士も入ることもあります。プログラムは、創作、調理実習、園芸など多種多様に用意させて頂いております。ご見学も可能ですので、お気軽にお声かけください。
  • image

    デイケア喫茶

  • image

    企画イベント:すごろくダーツ

  • image

    園芸:じゃがいも収穫

 ○4月のデイケアプログラムになります。こちらをクリックして下さい→ PDFダウンロード

心理療法科のご案内

臨床心理士(カウンセラー)はご来談者個人の心理的特徴を把握する目的で心理評定尺度(心理テスト)を使用した心理アセスメントを行います。
その方の人格傾向を詳細に分析した上で、ご相談者様お一人お一人に適した介入方針を決定し、認知行動療法を主とした様々な選択を用いた個人心理療法をコーディネートしています。
ページ先頭へ戻る