スタッフ紹介|鈴木慈光病院|医療法人社団幸悠会

image

スタッフ紹介

【診療部】副院長 鎌田 光宏

昨今の現代社会においては職場や学校はもとより家庭環境や住環境も絶えず大きく変化しており、それに伴うストレスからうつ病や不安・不眠などのメンタル面の不調を生じることが増えています。当院ではこころの問題でお悩みの方に対して一人一人のお話をしっかりと傾聴し、それぞれの症状や背景を尊重して対応いたします。また、患者様のプライバシーに配慮し、適切な精神療法と薬物療法を用いて治療を行うことを心がけております。
 

【薬剤部】部長 加藤 剛

病院理念に基づき、チーム医療の一員として、医薬品についての情報提供、副作用や相互作用のモニタリングなどを行い、安全かつ適正で、より効果的なお薬を患者様に提供できるようにその役割を果たしていきます。そして、患者様には、薬剤管理指導(服薬指導)を通して、服薬の必要性を納得していただき、安心して服薬を継続していただきたいと考えています。「薬」については、最後まで責任を持って患者様に「寄り添う」ことのできる薬局でありたいと考えていますので、薬に関することでしたら、お気軽にお問合せ下さい。 

【看護部】部長 橘高 香織(教育担当 精神科認定看護師)

看護部では全ての患者様が「自分らしい」人生を主体的に歩んで行けるようお手伝いさせていただきます。 
そのために、患者様の不安や苦痛に寄り添いながら、ニーズに合った看護を提供すると共にストレングス(強み)に注目し支援することで、患者様が自信を獲得できるような看護を目指しています。 
また、精神科認定看護師の役割である、<実践、相談、指導、知識の発展>の機能を活かして、精神科看護のスペシャリストを育成し、地域の方々と協働しながら、精神障がいを抱える方々が暮らしやすい地域医療を造ってまいりたいと思っております。 

ページ先頭へ戻る